ペルー・ボリビアをはじめ、マダガスカル、南部アフリカ
ケニア、ヨルダン、ガラパゴス諸島、イースター島など
秘境や特殊地域の個人旅行を専門に取り扱うクオリアス

会社案内ご利用ガイド旅行業約款・旅行条件書等サイトマップ営業時間月曜〜金曜AM10:00〜PM19:00、土曜日AM10:00〜PM14:00、日・祝・祭はお休み、電話番号03-5325-4525

お手頃価格で新登場!【自由紀行編】
知られざるプレ・インカ文明の謎を求めて
ワスカラン国立公園とペルー北部紀行<3大ハイライト>8日間
(ワラス・トルヒーヨ・リマ)
PERU060

Previous
  • ペルーの最高峰「ワスカラン山(6768m)」
  • ワスカラン国立公園へ向かう途中の風景(イメージ)
  • ワスカラン国立公園へ向かう途中の風景(イメージ)
  • ヤンガヌコ湖のひとつチナンコチャ湖(女の湖)
  • ワスカラン国立公園/2つのヤンガヌコ湖をつなぐ白い道の風景
  • ヤンガヌコ湖のひとつオルコンコチャ湖(男の湖)
  • ユンガイ慰霊公園(カンポサント・ユンガイ)
  • ユンガイ慰霊公園/背後に雄大なワスカラン山がそびえる
  • ユンガイ慰霊公園(カンポサント・ユンガイ)
  • 手前の土盛りは大地震で崩落し流れ着いた山頂からの土砂の塊(かなり高い)
  • ユンガイ慰霊公園(カンポサント・ユンガイ)
  • ケロコチャ湖/ワラスからチャビンへ向かう途中の風景
  • ワラスからチャビンへ向かう途中の峠の風景
  • チャビン村/山あいの美しい村風景
  • チャビン・デ・ワンタル遺跡(神殿正面)
  • チャビン・デ・ワンタル遺跡/重量感のある神殿を構成する石組み
  • チャビン・デ・ワンタル遺跡/重量感のある神殿を構成する石組み
  • チャビン・デ・ワンタル遺跡(神殿正面)
  • チャビン・デ・ワンタル遺跡/Cabeza Clava(頭の形をした石釘)
  • チャビン・デ・ワンタル遺跡/地下迷路への入り口のひとつ
  • 地下迷路にあるランソン像(遺跡保護のため一方向からしか見えない)
  • チャビン・デ・ワンタル遺跡/石を組み合わせて作った地下迷路の様子
  • チャビン・デ・ワンタル遺跡/ランソン像のレプリカ
  • 国立チャビン博物館/2008年日本政府の協力のもと完成(Lanzon monolitico)
  • 国立チャビン博物館(正面入り口)
  • 月のワカとセロ・ブランコ(白い丘)/モチェ文化を代表する遺跡(トルヒーヨ)
  • 太陽のワカ/アドベ建造の神殿でモチェ文化を代表する遺跡(トルヒーヨ)
  • 月のワカ・神殿内部の壁画/神殿は初代の王の死後、数世代にわたって建増しされた
  • 月のワカから見た太陽のワカと居住区の跡(遺構)の様子
  • 月のワカ/色鮮やかな壁画が今も残り、文化庁による修復が日々行われている
  • チャンチャン遺跡(トルヒーヨ)/チムー王国の首都
  • チャンチャン遺跡/部屋の仕切りには幾何学文様の壁が数多く見られる
  • チャンチャン遺跡/迫力ある回廊。壁が崩れないよう土台が両側に敷かれている
  • チャンチャン遺跡/アドベの壁面には鳥や魚をモチーフした浮彫り文様が特徴
  • ワンチャコ海岸の様子(トルヒーヨ)
  • エル・ブルホ遺跡/トルヒーヨから北60kmにあるモチェ期の神殿跡
  • エル・ブルホ博物館/神殿から出土したミイラや宝飾品などが展示されている
  • エル・ブルホ遺跡/神殿内部に残る巨大な壁画
  • エル・ブルホ遺跡/踊る人々の壁画(足首下には本物の骨が埋め込まれている)
  • エル・ブルホ遺跡/女王のイラスト(想像図)
Next

ツアーポイント

  • 本コースは、ワスカラン峰のふもとの町「ワラス」を起点に、南米屈指の絶景を誇る「ワスカラン国立公園」と古代アンデス文明発祥の地「チャビン・デ・ワンタル遺跡」、そして貴重なプレインカ遺跡が集積するペルー第3の都市「トルヒーヨ」を盛り込んだ北部ペルーの3大ハイライトコースです。
  • <ワラス観光について>
    ワラス滞在2日目は、ペルーの最高峰ワスカラン峰(6768m)が迫る「ワスカラン国立公園」をガイドとともに終日ハイキング。氷河を戴く美しい山々やエメラルドグリーンの湖水、珍しい高山植物など、ペルーの大自然をご堪能いただきます。途中、負の遺産ともいえる「ユンガイ慰霊公園(カンポサント・ユンガイ)」も訪問します。
    ワラス滞在3日目は、紀元前1000年頃に造られたプレインカ遺跡「チャビン・デ・ワンタル遺跡」を終日観光します。石造建築で新・旧2つの神殿からなる神秘的な遺跡で、旧神殿の地下回廊には「ランソン」と呼ばれる巨大な石塔の主神体があり(高さ約4.5m)、宗教性が強く古代アンデス文明の起源をひも解く重要な遺跡として、1985年世界遺産に登録されています。
  • <トルヒーヨ観光について>
    トルヒーヨでは、チムー王国の首都遺跡で世界遺産の「チャンチャン遺跡」の他、神殿内部に見事な彩色レリーフが残る2つのモチェ期の遺跡「太陽と月のワカ」、通常コースでは訪問しない「エル・ブルホ遺跡」も訪問します。エル・ブルホ遺跡の敷地内には真新しい博物館も併設されており、皮膚に鮮やかな刺青が残る保存状態の良い「女王のミイラ」も展示されています(必見)。
  • ★本コースは乾季限定の4月〜10月までの商品です。
料金表はこちら
■スケジュール
1 ■成田発⇒<アメリカ乗り継ぎ>⇒リマ
午後:成田発、<アメリカ乗り継ぎ>リマへ
深夜:リマ着後、日本語係員がお出迎えしホテルへご案内します。
(ホテル着後に、翌日からのご旅行日程に関してのご説明をおこないます)
【リマ泊】/食事:朝×昼×夕×
2 ■リマ⇒(車)ワラス
朝:専用車にてバス停へ(ドライバーのみ)
午前:バスにてワラスへ(所要時間:約7時間半〜8時間)
夕刻:ワラス着後、現地係員がお出迎えしホテルへご案内します。
【ワラス泊】/食事:朝○昼×夕× 
3 ■ワラス⇒(車)ワスカラン国立公園⇒(車)カンポサント・ユンガイ⇒(車)ワラス
終日:〈世界遺産〉ワスカラン国立公園ユンガイ慰霊公園訪問(★英語ガイド)
朝:ワラス08:00頃発、専用車にてワスカラン国立公園へ(約3時間)
午前:ワスカラン国立公園11:00頃
エメラルドグリーンの水をたたえたヤンガヌコ湖のほとりを散策しながらペルーの美しい大自然をご覧いただきます。
(ヤンガヌコ湖(Laguna Llanganuco)は、南側のチナンコチャ湖(Laguna Chinancocha/女の湖)と北側のオルコンコチャ湖(Laguna Orconcocha/男の湖)の2つの湖からなる氷河湖です(標高3850m))
その後、ワスカラン国立公園からカンポサント・ユンガイへ(約1時間半)
午後:着後、ローカルレストランにて昼食
午後:ユンガイ慰霊公園(カンポサント・ユンガイ)観光。その後ワラスへ戻ります。
夕刻:ワラス着
CampoSanto Yungay(ユンガイ慰霊公園):1970年5月31日、M7.8のアンカッシュ地震が発生し、ワスカランの北峰が氷河と共に大崩落を起こす。 15,000,000m3の土砂と雪が標高3,000mの高さから時速300kmで村々を襲撃し、死者・行方不明者はこの地域全体で約7万人に達した。中でもユンガイの被害は最も甚大で当時のユンガイの人口は約18,000人いたが、そのほとんどが死亡した。ペルー政府はユンガイの地を国有化し、国立墓地に指定して掘り返すことを禁止した。また旧市街から南に約2kmの場所に新しいユンガイの町を建設した。
【ワラス泊】 /食事:朝○昼○夕×
4 ■ワラス⇒(車)チャビンデワンタル⇒(車)ワラス/ワラス⇒(バス)
終日:〈世界遺産〉チャビン・デ・ワンタル遺跡観光(★英語ガイド)
朝:ワラス08:00発、専用車にてチャビンデワンタルへ(約3時間)
途中、絵画のように美しいケロコチャ湖や標高4000mの峠を越えながら美しい風景をお楽しみください。
午前:チャビン・デ・ワンタル遺跡観光(約2時間)
昼:ローカルレストランにて昼食(チャビン村)
午後:国立チャビン博物館見学(約1時間30分)。その後ワラスへ戻ります。
夕刻:ワラス着
夜:専用車にてバス乗り場へ(英語係員付き)
夜:ワラス発、バスにてトルヒーヨへ(21:40発/04:40着または22:20発/05:20着予定・約7時間)
※バスには英語係員は同行しません。
※「チャビン・デ・ワンタル遺跡(Chavin de Huantar)」は、標高3,000mを超える小盆地にある神殿遺跡で、古代アンデス文明「形成期」のチャビン文化の代表的な遺跡です(紀元前1,000年頃)。当時は、熱帯雨林地帯から北海岸地帯までの広い地域から巡礼者が訪れ、信仰や文化面で大きな影響を与えたと言われている。200m四方の範囲に広場を囲み、西、北、南に建物を配し、主神殿は幅1mほどの地下回廊が迷路のように張り巡らされ、その中心には儀礼で重要な役割を担ったと考えられる高さ約4.5mの石塔(「ランソン」と呼ばれている)が立てられている。各所にはジャガーなどの動物像や怪奇な神人像(浅浮彫り)が装飾されている。
※「国立チャビン博物館」は、2008年日本政府の協力のもと完成。チャビンデワンタル遺跡から発掘された貴重な遺物が美しく展示されています。日本語解説もあります。
【車中泊】 /食事:朝○昼○夕×
5 ■⇒(バス)トルヒーヨ
早朝:トルヒーヨ着後、現地係員がお出迎えしホテルへ (※チェックインは午後からとなります)
ホテルのレストランにて朝食後、トルヒーヨ観光にご出発します。
終日:トルヒーヨ郊外観光(★英語ガイド)
(○太陽のワカと◎月のワカ、◎〈世界遺産〉チャンチャン遺跡、○ワンチャコ海岸、◎エル・ブルホ遺跡
昼食はワンチャコ海岸でペル−の代表的な料理「セビッチェ」をご賞味ください。
【トルヒーヨ泊】/食事:朝○昼○夕×
6 ■トルヒーヨ⇒(航空機)リマ/リマ発⇒
朝:専用車にて空港へ(ドライバーのみ)
午前:トルヒーヨ08:00発<空路にて>リマへ
午前:リマ09:05着後、現地係員がお出迎えし専用車にてホテルへ
(リマ歴史地区(旧市街)散策やショッピングなどをお楽しみください。)
※ガイド付きの市内観光や博物館めぐりはオプショナルツアーとしてお申込みいただけます。
(ホテルはご出発のお時間までご利用いただけます)
夜:専用車にて空港へ(ドライバーのみ)
深夜:リマ23:30〜25:40発、空路にて<アメリカ乗り継ぎ>帰国の途へ
【機中泊】/食事:朝○昼×夕×
7 ■<アメリカ乗り継ぎ>⇒
 
【機中泊】/食事:朝×昼×夕×
8 ■成田着
午後:成田着
日程表の見方
スケジュールはこちら
■ 料金表
出発日 旅行代金(2017年)
成田発 アメリカン航空(AA)
  8日間
出発曜日 火水木金 月土日
4/01-21 \298,000 \318,000
4/22-27 \338,000 \358,000
4/28(金) \398,000 -----
4/29-30 ----- \458,000
5/01-03 \368,000 \388,000
5/04-7/13 \328,000 \348,000
7/14-8/04 \398,000 \418,000
8/05-10 \438,000 \458,000
8/11-12 \458,000 \478,000
8/13-22 \398,000 \418,000
8/23-31 \358,000 \378,000
9/01-30 \328,000 \348,000
     
一人参加追加代金 \98,000 \98,000
一人部屋追加代金 \35,000 \35,000
★燃油サーチャージ
(4/01現在)
\14,000

■ 備考

  • 添乗員:同行しませんが、現地係員がお世話します。
  • 最少催行人員:1名
  • ※一人参加ご希望の場合は一人参加追加代金を加算してください。 (一人部屋追加代金は不要)。
  • 食事:朝5回、昼食3回、夕食0回
  • 利用予定航空会社:アメリカン航空
  • 利用予定ホテル:下記又は同等クラス
    (スタンダードクラス)
    <リマ>
    マリエル、カルメル、アルパ 、アビタット、サン・アグスティン・コロニアル、エンバハドーレス、ファラオナ、ベイビュー、 エル・ドゥカード、ブリタニア 、アリオスト、レオンデオロ
    <ワラス>
    パストルーリ、コロンバ、サン・セバスチャン
    <トルヒーヨ>
    グラン・ボリバル、ロス・コンキスタドーレス、エル・ブルッホ

  • 本コースは、英語ガイドのコースとなります。
  • 初日のリマ到着時のみ、「日本語係員」がお出迎えし、翌日からのご旅行日程に関してのご説明をおこないます
  • 利用するバスについて
    ・リマ−ワラス間は観光客向けの快適な「クルスデルスール社」のバスを利用します(車内にトイレ付き)。
    クルスデルスール社のサイトはこちら>>
    ・ワラス−トルヒーヨ間は「モビルツアー社(Movil Tours)」のバスを利用します(車内にトイレ付き)。
    モビルツアー社のサイトはこちら>>
    ※日程表記の所要時間は、道路状況により変更もございますので予めご了承ください。
  • 現地係員(ドライバーのみ)について:都市間の陸路移動、ホテル−空港・駅間の陸路移動の際の現地係員(ドライバー兼任)は片言の英語またはスペイン語のみのコミュニケーションとなりますので予めご承知おきください。
  • 専用車利用について:日程上に専用車の記載があるところは、原則お客様だけのプライベートカーをご用意いたします。但し、繁忙期でガイドや車の手配がプライベート対応できない場合は、弊社取扱いの別のお客様と混乗していただく場合がございますので予めご了承ください。その場合の旅行代金の減額等はございません。
  • 4日目:「チャビンデワンタル遺跡」は、月曜日がお休みとなります。その場合は3日目の「ワスカラン国立公園観光」と日程を入れ替えてご案内いたします。
  • 最終日を【ポコアポコ休憩サービス】に手配変更ご希望の場合について:
    リマを発つ最終日を通常の「ホテルデイユース」から「ポコアポコ休憩サービス」に変更することが可能です(料金アップなし)。「ポコアポコ」とは、リマ市内にある日本人経営のペンション+民芸ギャラリー(品揃え豊富なお土産店です)のことで、お部屋での休憩とシャワーサービスを受けることができます。
    ペルーのお土産のほとんどがこのお店で事足りるほど品揃えが豊富で、オーナーが厳選した良質のものばかりです。もちろん日本語が通じるので安心です。また近くにショッピングセンターや大型スーパーなどもあり、買い物やお食事もお楽しみいただけます。
  • 乗り継ぎ地での搭乗手続きは、お客様自身で行っていただきます。
  • 空港税、燃油サーチャージ、現地ガイドへのチップ等は旅行代金に含まれておりません。
    詳しくは弊社担当者よりご説明いたします。
  • 国内線、列車の発着時刻について】上記はあくまで予定時刻となります。天候や確保できる便、運行スケジュールの急な変更等に伴って大幅に変わる場合もございますので予めご了承ください。
  • アメリカン航空(AA)ご利用の場合>
    減延泊して成田到着が土曜または日曜の場合、\10,000の追加代金が別途かかります。


トップへ戻る