ペルー・ボリビアをはじめ、マダガスカル、南部アフリカ
ケニア、ヨルダン、ガラパゴス諸島、イースター島など
秘境や特殊地域の個人旅行を専門に取り扱うクオリアス

会社案内ご利用ガイド旅行業約款・旅行条件書等サイトマップ営業時間月曜〜金曜AM10:00〜PM19:00、土曜日AM10:00〜PM14:00、日・祝・祭はお休み、電話番号03-5325-4525

=ラグジュアリー・テントキャンプ滞在を楽しむ=
<サンクチュアリ・オロナナに3連泊>
ケニア<3大サファリ紀行>8日間
(ナイバシャ湖・ナクル湖・マサイマラ)
KENYA098
エミレーツ航空利用

Previous
  • オロナナのテントキャンプ/イメージ
  • キャンドルに照らされたタイニング(オロナナ)/イメージ
  • マラ川のほとりでブッシュミール(オロナナ)/イメージ
  • ヌーの大群
  • シロサイ
  • 夕焼け
  • シロサイ
  • ライオン
  • ヌーを追うライオン
  • シマウマ
  • キリン
  • ライオン
  • アフリカゾウ
  • ライオン
  • ライオンの親子
  • アフリカゾウの親子
  • カバの群れ/マサイマラ国立保護区
Next

ツアーポイント

    • マサイマラに建つラグジュアリー・テントキャンプ『オロナナ』へご滞在頂くコースです。
      オロナナは全室14テントのため喧騒な大型ホテルとは異なり、野鳥や野生動物の声、そしてマラ・リバーの流れに耳を傾けながら静かで落ち着いた時間がお過ごし頂けます。
      各テントキャンプのテラスからは、マラ・リバーに住むカバを観察できるチャンスがあるほど自然に近い環境でありながら、お部屋内部はクイーンサイズのベッドとホットシャワーが完備された快適な空間にまとめられています。
      サファリと上品で快適なテントライフの両方を楽しみたい方へお勧めのコースです。

      ★マサイマラまでは往復とも飛行機を利用します(空路移動)。
    • サンクチュアリ・オロナナ(SANCTUARY OLONANA)
      マサイマラ国立保護区を流れるマラ川岸に建つラグジュアリー・テントキャンプです。お部屋はクイーンサイズのベッドが2台設置できるほど広々としており、全テントキャンプがマラ川に面しています(合計14テント)。
      伝統的な生活を守るマサイ族の村訪問、植物や野鳥・小動物についてきめ細かく教えてくれるネイチャーウォークが無料でお楽しみ頂けます。
      太陽光発電や汚水浄化設備の導入、他ホテルに先駆けて始めた植林プロジェクトや有機栽培の畑(収穫された野菜はお客様の食卓へ)が評価されて、エコツーリズム・ケニア(金賞)に輝いたことがあります。

      ●HPはこちらから
    • ナイバシャ湖では、鳥類やカバなど水辺の野生動物が観察できるボートサファリをお楽しみいただきます。ナクル湖国立公園では、クロサイ・シロサイ・ロスチャイルドキリン(ウガンダキリン)、そしてヒョウが観察できるチャンスがあります。マサイマラ国立保護区では、ライオン、チータ、キリン、カバ、バッファロー、シマウマなど肉食系から草食系まで、代表的な野生動物の多くを観察できるチャンスがあります。
    • サファリカーはマサイマラ滞在中を除き、完全にお客様だけの専用車(プライベートカー)を利用します。別のグループのお客様が混乗しませんので気兼ねなく、プライベートサファリが満喫できます。
料金表はこちら
■スケジュール
1 ■成田発/羽田発/関空発⇒
夜:成田21:20〜22:00
深夜:羽田24:30
深夜:関空23:40
【機中泊】/食事:朝×昼×夕×
2 ■⇒<ドバイ乗継ぎ>⇒ナイロビ着⇒(車)ナイバシャ
早朝:ドバイ着後、乗り継いでナイロビへ
午後:ナイロビ14:45着後、現地ガイドがお出迎えし、サファリカーにてナイバシャへ(約1.5時間)
【ナイバシャ泊】/食事:朝×昼×夕○
3 ■ナイバシャ⇒(車)ナクル⇒(車)ナイバシャ
朝:ロッジにて朝食
午前:ナイバシャ湖にてボートサファリ(約1時間程度)
ナイバシャ湖は、ナイロビから手軽に行けるバードウォッチングのポイントです。よく見られる鳥は、ハイガシラムシクイ、メグロハタオリ、オオセイオウチョウ、コウギョクチョウです。湖に住む魚を狙うカワウ、サンショクウミワシ、カワセミ、クロコサギなども観察できます。又、湖にはカバも生息しています。
その後、専用車にてナクル湖国立公園
午前:ナクル湖国立公園・ゲームドライブ(約1時間)
昼:ロッジにて昼食
午後:ナクル湖国立公園・ゲームドライブ(約3時間)
ロスチャイルドキリンやクロサイ、シロサイの他、ヒョウも観察いただけるチャンスがあります。途中、眺めのいいポイント「バブーン・クリフ」(展望台)を訪問します。
その後、専用車にてナイバシャへ(約1時間)
夜:ロッジにて夕食
【ナイバシャ泊】/食事:朝○昼○夕○
4 ■ナイバシャ ⇒(車)ナイロビ⇒(航空機)マサイマラ
朝:サファリカーにてナイロビの国内線空港(ウィルソン空港)へ
(朝食はボックスブレックファスト)
途中、グレートリフトバレー(大地溝帯)の眺めのよいポイントで休憩
午前:ナイロビ(ウィルソン空港)発、空路にてマサイマラへ(約1時間)
(注)国内線はお一人様15kgまでと厳しい荷物重量制限があります。
着後、ロッジ側の混載車がお出迎えし、マサイマラ国立保護区・ゲームドライブをしながら、「オロナナ」へご案内します。
昼:ロッジにて昼食
(昼食後は夕刻のゲームドライブの時間までフリータイムです。)
午後:マサイマラ国立保護区・ゲームドライブ
「マサイマラ国立保護区」はケニア随一の野生動物の宝庫でアフリカゾウ、ライオン、バッファロー、マサイキリン、シマウマ、カバ、チーター、ヌー、トムソンガゼルなどが有名で、運がよければチーターやライオンのハンティングシーンなどに遭遇できるかもしれません。
夜:ロッジにて夕食
【マサイマラ泊】/食事:朝○昼○夕○
5 ■マサイマラ滞在
早朝:マサイマラ国立保護区・ゲームドライブ 
「マサイマラ国立保護区」はケニア随一の野生動物の宝庫でアフリカゾウ、ライオン、バッファロー、マサイキリン、シマウマ、カバ、チーター、ヌー、トムソンガゼルなどが有名で、運がよければチーターやライオンのハンティングシーンなどに遭遇できるかもしれません。
午前〜午後:フリータイム
※オプショナルツアー/マサイ村訪問(無料)、ネイチャーウォーキング(無料)
夕刻:マサイマラ国立保護区・ゲームドライブ
※朝食・昼食・夕食はロッジにて
【マサイマラ泊】/食事:朝○昼○夕○
6 ■マサイマラ滞在
早朝:マサイマラ国立保護区・ゲームドライブ 
「マサイマラ国立保護区」はケニア随一の野生動物の宝庫でアフリカゾウ、ライオン、バッファロー、マサイキリン、シマウマ、カバ、チーター、ヌー、トムソンガゼルなどが有名で、運がよければチーターやライオンのハンティングシーンなどに遭遇できるかもしれません。
午前〜午後:フリータイム
※オプショナルツアー/マサイ村訪問(無料)、ネイチャーウォーキング(無料)
夕刻:マサイマラ国立保護区・ゲームドライブ
※朝食・昼食・夕食はロッジにて
【マサイマラ泊】/食事:朝○昼○夕○
7 ■マサイマラ⇒(航空機)ナイロビ発⇒ドバイ着
早朝:マサイマラ国立保護区・ゲームドライブ 
午前:マサイマラ発、空路にてナイロビ(ウィルソン空港)へ
昼:野生動物の肉料理で有名なレストランにて昼食(アフリカンバーベキュー) 
昼食後、空港へ向かいます(時間があれば、ショッピングへご案内します)
夕刻:ナイロビ16:40発、空路にてドバイへ
夜:ドバイ着
******************ドバイ滞在の帰国延長も承ります(別途料金)****************
【機中泊】/食事:朝○昼○夕×
8 ■ドバイ発⇒成田着/羽田着/関空着
深夜:ドバイ02:50発、夕刻:成田17:25
午前:ドバイ08:15発、深夜:羽田23:00
深夜:ドバイ03:00発、夕刻:関空17:10
日程表の見方
スケジュールはこちら
■ 料金表
2017年 出発日 旅行代金
<毎日>発 エミレ−ツ航空(EK)
成田発着 8日間
出発曜日 月火水木 金土日
2/1 - 3/31 \488,000 \498,000
4/1-20 \378,000 \388,000
4/21-27 \388,000 \398,000
4/28-30 \488,000 \498,000
5/1-2 \418,000 \428,000
5/3-31 \378,000 \388,000
6/1-14 \388,000 \398,000
6/15-29 \568,000 \578,000
6/30-7/13 \578,000 \588,000
7/14-8/3 \598,000 \608,000
8/4-11 \678,000 \688,000
8/12-9/16 \598,000 \608,000
9/17-28 \568,000 \578,000
9/29-10/22 \488,000 \498,000
10/23-31 \478,000 \488,000
一人参加追加代金    
4/1-6/14 \58,000 \58,000
6/15-9/24 \198,000 \198,000
9/25-10/31 \138,000 \138,000
★燃油サーチャージ
(4/01現在)
\14,000
  • 【エミレーツ航空の料金について】
    上記は「成田発着・羽田発着の共通料金」となります。

    ★関西空港発着の追加代金はこちらから>>>
    その他各都市からのご出発の場合は、下記の「国内アドオン料金」をご覧ください。
  • エミレーツ航空をご利用した場合の「国内アドオン料金」はこちらから→
  • ビジネスクラスならびにファーストクラスのご利用をご希望の場合は、お問い合わせください。
    なおご利用サービスは、エミレーツ航空・国際線の「成田または羽田または関空−ナイロビ区間のみ」となります

    日本の国内線区間は、すべてエコノミークラスのご利用となりますのでご注意ください。

■ 備考

  • 添乗員:同行しませんが、現地係員がお世話します。
  • 最少催行人員:1名
  • 一人参加ご希望の場合は一人参加追加代金を加算してください。(一人部屋追加代金は不要です)
  • 食事:朝食6回、昼食5回、夕食6回
  • 利用予定航空会社:エミレ−ツ航空
  • 利用予定ホテル:下記又は同等クラス利用
    ナイバシャ
    ナイバシャシンバ、ナイバシャソパ、レイクナイバシャサウェラ(デラックス)
    マサイマラ
    サンクチュアリ・オロナナ指定  SANCTUARY OLONANA <-- HPはこちらから

  • このコースは通常の募集型企画旅行契約とは別に「特約(特別約款)」がございますのでご注意下さい。
  • ケニアは入国に際して査証が必要です。査証取得に関する詳細はお問合せください。
  • ガイドについて: マサイマラ以外は日本語のドライバーガイドがお世話します(「ドライバーガイド」とは、ガイドがドライバーを兼任するスタイルのことです)。但しマサイマラ滞在中のガイドは「サンクチュアリ・オロナナ」側のスタッフ(英語混載)がお世話します。但し、ナイロビ出発日のナイロビでの空港間の移動は英語のドライバーガイドがお世話します。
  • 車輛について: マサイマラ以外ははワンボックス・タイプの専用車をご利用頂きます。マサイマラ滞在中は「サンクチュアリ・オロナナ」の所有する車(4WD車・混載車)をご利用頂きます。
  • マサイマラでの1回のゲームドライブの所要時間は約2時間程度です。これはあくまで目安としてください。諸事情により時間調整が入ることもございますので予めご了承ください。
  • ナイロビーマサイマラ区間の移動は国内線の飛行機を利用します(ガイドは同行いたしません)。なお、国内線はお一人様15kgまでと厳しい荷物重量制限がありますのでご注意下さい。
  • 3名様でご参加の場合は、現地事情によりトリプル・ルーム(3名1室利用)のご利用ができない場合がございます。その場合は、「1ツイン+1シングル」でのお申込みとなり、一人部屋追加代金が1名様のみ別途必要となりますので予めご了承ください。
  • サンクチュアリ・オロナナでは、マサイ村訪問、ネイチャーウォーク、夕日鑑賞、屋外での食事(ブッシュミール)、滞在中のドリンク(ローカルビール、ハウスワイン等 ※一部除く)、ランドリーは無料でご利用いただけます。
  • 乗り継ぎ地での搭乗手続きは、お客様自身で行っていただきます。
  • フライトの時刻や所要時間などは予告なしに変更となる場合がありますので予めご了承ください。
  • 空港税、現地ガイドへのチップ等は旅行代金に含まれておりません。詳しくは弊社担当者よりご説明します。
  • エミレーツ航空(EK)ご利用の場合>
    減延泊して日本到着が土曜または日曜の場合、¥5,000の追加代金が別途かかります。
  • <国内線スケジュール(参考)>
    【エアケニア/AIRKENYA】
    ナイロビ発⇒マサイマラ着(午前便:08:00発・08:40着/10:30発・11:10着/午後便:14:00発・14:40着)
    マサイマラ発⇒ナイロビ着(午前便:08:45発・10:15着/11:15発・13:00着/午後便:14:45発・16:15着)
    【サファリリンク/SAFARILINK】
    ナイロビ発⇒マサイマラ着(午前便:10:00発・11:00着/午後便:15:00発・16:00着)
    マサイマラ発⇒ナイロビ着(午前便:11:00発・12:20着/夕刻便:16:00発・17:30着)
    ※航空会社や時刻のご指定は一切できませんので予めご了承ください。
  • ガイドへのチップについて:
    プライベートサファリ(専用車利用)については、ガイドならびにドライバーに対して「1日あたり20米ドル」を目安に4日目にまとめて手渡しでご用意お願いします。 なお、オロナナ滞在中のゲームドライブについてはプライベートサファリではないため(混載車利用)、お心付けとして「1回のゲームドライブにつき、5〜10米ドル程度」をご用意お願いします。
  • 《黄熱病予防接種について》
    本コースは、通関上「黄熱病予防接種」は義務付けられておりませんが、
    訪問地が予防接種推奨地域に指定されています。
    (2014年8月現在)
    ◎詳しくは厚生労働省検疫所ホームページをご参照下さい。(こちらをクリック)

トップへ戻る