マダガスカル旅行をはじめ、シリア・ヨルダン旅行、
ケニア旅行、ペルー旅行、ガラパゴス旅行など
秘境や特殊地域の個人旅行を専門に取り扱うクオリアス

会社案内ご利用ガイド旅行業約款・旅行条件書等サイトマップ営業時間月曜〜金曜AM10:00〜PM19:00、土曜日AM10:00〜PM14:00、日・祝・祭はお休み、電話番号03-5325-4525
ペルー

■ペルーの見どころ

リマ(Lima)

カテドラル(リマ)リマの歴史的建造物は旧市街に集中する。主な建造物をあげると、アルマス広場とカテドラル(征服者ピサロ自らが建造)、サントドミンゴ教会・修道院(過去の地震に耐え保存状態がいい)、サンフランシスコ教会・修道院(修道院中庭の回廊に残された美しいセビリアンタイルが有名)、ラ・メルセー教会(ペルー軍の守り神・聖女マルセーを祭る)などがある。しかし、見所は他の地区にもある。新市街のミラフローレス地区には、街中にリマ文明遺跡の「ワカプクヤーナ」(プレ・インカ)があり、レストラン・ワカプクヤーナではペルーの伝統料理を食べながら遺跡が見られる。チャンカイ文化の土器が有名な「天野博物館」もおすすめ。博物館関連では、特におすすめがプエブロ・リブレ地区にあるペルー最大規模の「国立人類学考古学博物館」。プレ・インカ時代の展示品は種類も豊富で面白い。特にナスカとパチャカマの両文化の図解入り解説は非常に趣向を凝らしている。他にモンテリコ地区の「黄金博物館」もある。

リマ市街地図 リマ空港周辺 国立人類学考古学博物館 衛星写真を見る

クスコ(Cusco)

クスコインカ帝国の首都だったクスコはペルー観光のまさに「ヘソ」。主な観光地は市内と郊外に分かれる。市内では、おなじみのアルマス広場とカテドラル(ビラコチャ神殿跡)、ラ・コンパーニャ・デ・ヘスス教会(インカ皇帝宮殿跡)、サントドミンゴ教会(コリカンチャ=太陽の神殿跡)、インカの石組みで有名なアトゥンルミヨク通り(12角の石)やロレト通りなどがある。一方郊外には、インカ時代の堅固な要塞跡のサクサイワマン、ケンコー、プカプカラ、タンボマチャイなどがある。特に巨石を高度な石組み技術で組み上げたサクサイワマンの遺跡は圧巻で、3層の巨石が22回のジグザグを描きながら360mにわたって続く。中には高さ5m、重さ360トンもある巨石が使われているところもあるのだから驚きである。毎年6月下旬にインティ・ライミ(太陽の祭り)がここで行われる。


衛星写真を見る

マチュピチュ遺跡(Machu Picchu)

マチュピチュ遺跡クスコから列車で終点のアグアスカリエンテス駅まで約3時間半、そこからシャトルバスに乗ること約30分、ようやく頂上の遺跡入り口に到着。遺跡内部には段々畑、17の水汲み場、陵墓(ミイラの安置所)、太陽の神殿、王女の宮殿、3つの窓の神殿、インティワタナ(日時計)、コンドルの神殿と牢獄などがある。またマチュピチュ遺跡の背後にはワイナピチュ(若い峰)がそびえる。登頂が可能で、頂上からの眺めはまさに絶景である。自由時間を利用して是非登ってほしい(道はかなり急勾配なので要注意)。


グーグルアースを見る 衛星写真を見る

インカの聖なる谷(Sacred Valley)

聖なる谷6000mの山々に囲まれたインカの聖なる谷は、クスコをはじめとするインカ帝国の中枢をなした遺跡や村々が残されている。ウルバンバ川を見下ろす山の上にあるのがピサック遺跡である。この遺跡は、わずかな山頂の平地を斜面とともに効率よく利用している。段々畑、見張り台、太陽の神殿もあり【ミニ・マチュピチュ】ともいえる。また、ピサックでは火・木・日に市が開かれている。 そして、聖なる谷のほぼ中心にあるオリャンタイタンボ。斜度45度はありそうな斜面に段々畑が作られ、畑の脇の階段を300段登ると広場がある。広場の周辺には美しいインカの石組みが続き、6個の巨石を並べた不思議な建造物が残っている(通称、六枚屏風岩)。この巨石は対岸の石切り場からはるばる運ばれてきたというが、どうやって持ち上げてきたのかは謎である。


衛星写真を見る

ナスカ地上絵(Nazca Lines)

ハチドリの地上絵リマからナスカ観光拠点のイカまでは車で約5時間。空路だと約1時間。
イカから観光用小型セスナに乗り換えて、ナスカ上空を遊覧飛行する(滞空時間は約45分程度)。これがナスカ地上絵観光だ。地上絵には、ハチドリ、クモ、コンドル、サル、宇宙飛行士などの他、滑走路のような幾何学模様などもたくさん残っている。ナスカの地上には地上絵の研究家故マリア・ライヘ女史が建造した観察やぐら(ミラドール)や博物館などがある。


衛星写真を見る NASAランドサット画像をみる

チチカカ湖(LakeTiticaca)

チチカカ湖汽船が航行する世界最高の湖(海抜3890m、面積は琵琶湖の約12倍(8300ku)、最大水深が約280m)。ペルーとボリビアの両国にまたがり(6:4の比率)、聖なる湖と崇められてきた湖畔には、ティワナク遺跡(ボリビア)、シユスタニ遺跡(ペルー)などプレ・インカ時代の古代遺跡が残っている。湖には葦を積み重ねて作った浮き島で生活する人々がいる。観光拠点のプーノからモーターボートで約40分のところにウロス島、約3時間のところにタキーレ島、約4時間のところにアマンタニ島がある。


衛星写真を見る

カラル遺跡(Caral)

カラル遺跡リマの北部150qにある遺跡で、現代から約5000年以上も前の紀元前3000年〜2500年前ごろに栄えた遺跡であると言われている。紀元前2500年頃と言えば、世界4大文明とほぼ同時期である。敷地内には神殿やピラミッドなど32の建築物が立ち並び、人々っが住んだ住居と思われる遺跡も発見されている。入り口のそば、遺跡東南に位置している円形半地下広場からは32本の骨のフルートなどが見つかっている。行き方はカラルまでのバスはないのでツアーまたはタクシーで行くしかない。リマから車で4時間、最後の1時間は、砂利道の悪路を走る。


衛星写真を見る

トルヒーヨ(Trujillo)

トルヒーヨリマから北に約550qに位置し、リマ・アレキパに次ぐ第三の都市である。モンチェ文化の太陽のワカ、月のワカ、チムー王国時代の首都チャンチャン遺跡などがトルヒーヨ近郊の見所である。チャンチャン遺跡は、1986年ユネスコの世界文化遺産に登録された。10の地区からなるチャンチャン遺跡で見学が出来るのは一部のみで【Palacio Tschudi】と呼ばれている。この遺跡には主神殿、儀式の広場、墓地、食料倉庫など、9つの区画からなっている。壁にはチムー時代の特徴でもある、鳥や魚をモチーフにした浮き彫りが正確に繰り返し続いている。エスパーニャ通りとエヘルシート通りが交差するあたりからワンチャコ行きのバスに乗車し15〜20分。そこから徒歩にて20分で着く。


衛星写真を見る

チクラヨ(Chiclayo)

チクラヨリマから770qの乾燥した海岸砂漠にある人口110万人オアシスの町チクライヨ。年間を通してほとんど雨が降らない暑い町であるため、ペルーの砂糖と米のほとんどがここで生産されている。そんなチクライヨが有名になったのは1987年の「シパン遺跡」の発見である。この遺跡からはエジプトのツタンカーメン以来の大発見とも言われるほどの金が見つかった(シパン王墓博物館で見られる)。シパンとは黄金とともに眠っていた王の名である。さらに注目を集めたのが「シカン遺跡」の発掘。墳墓からは100点をも超える金細工が発見された。この発掘や修復に関するビデオ(11分)はシカン博物館で見られる。また、博物館では黄金の装飾品や独特の埋葬様式の模型などが見られる。近くには26のピラミッドが点在する「トゥクメ遺跡」がある。


衛星写真を見る

カハマルカ(Cajamarca)

カハマルカペルー北部を代表する町で温泉が有名である。リマからは飛行機で約1時間20分ほど。インカ帝国の最後の皇帝アタワルパは、この町の温泉に入っているところをスペイン人フランシスコ・ピサロに捕まったと言われている。温泉はカハマルカから約20分ほどの所にあり、100以上の個室風呂がある(シャワーなどはなし)。町の中心にはアルマス広場があり、広場に面してカテドラル、サンフランシスコ修道院が建っている。近郊には、崖山に掘られた300を超える横穴式の墓地跡「オトゥスコ遺跡」や標高3,500mにある「石の森」と呼ばれる見たこともない不思議な景観の「クンベ・マヨ」などがある。カハマルカから少し離れるが、1989年に大量の黄金が発掘され世界中の話題を呼んだ「クントゥル・ワシ遺跡」などもあり、見どころが多い。


衛星写真を見る

イキトス(Iquitos)

イキトスペルー全国土の約半分を占めるアマゾン。そのアマゾンツアーの基地にある人口約35万人の大都市がイキトスである。1890年〜1920年にかけ訪れた天然ゴムブームが財をもたらし人口は一気に増加した。その為、現在ではロレト県の県庁所在地でもある。町の南にあるスラム街ベレン・アルタ地区ではアマゾンに住む人々と触れ合うことができる。ここでは市民の台所である市場の風情と活気が楽しめる。バナナ、米、体長3mを超える巨大魚のパイチェ、そのほか野菜や衣料品などの店が延々と続いている。市場は一日中開いているが、特に午前中の賑わいはすさまじいので出来るだけ早い時間に訪れることをお勧めします。またこの巨大魚のパイチェの姿は、キストコチャ&動物園で見ることができる。


衛星写真を見る

マヌー国立公園(Manu National Park)

マヌーマヌー国立公園はペルー最大の広さを誇る熱帯ジャングルである。ここでは絶滅危惧種の動物も生息し、分かっているだけでもほ乳類約100種、鳥類約1000種など数多くの動物が生活している。またこの広大な熱帯雨林は、3つのエリア(文化地区、保護地区、国立公園地区)に分かれておりその90%は一般の立ち入りが禁止されている。文化地区エリアは地元の人々が居住している。ここでは狩猟、漁業、森林伐採が自然環境を破壊しない範囲までなら許されている。保護地区エリアはエコツーリズムに開かれた地区である。ここでは居住、狩猟、森林伐採は許可されていない。そして国立公園地区エリアでは、現在居住しているいくつかの部族以外の一般人立ち入りを禁止している。この手つかずの自然と豊かな動植物の暮らすこの公園は1987年、ユネスコの世界自然遺産に登録された。


衛星写真を見る

コルカ渓谷(カニョン・デル・コルカ)

コルカ渓谷ペルー南部に位置するコルカ渓谷は、3200メートル以上もの深さが続く世界で最も深い渓谷の一つである。傾斜は緩いもののグランド・キャニオンよりも深く展望場所から見渡す限りの断崖と山脈は絶景である。展望場所は”クルス・デル・コンドル”というところにあり、そこからは渓谷美、そして優雅に舞うコンドルの姿が見られる。コルカ渓谷には日帰りでも行けるが1泊2日がお勧め。一般的な1泊2日のツアーの場合、チバイに宿泊する。チバイには、アレキパから3時間ほどで着き、休憩の後カバナコンデまで向かう。チバイ〜カバナコンデは2時間ほど。またカバナコンデから展望台までは徒歩で1時間ほどで着く。


衛星写真を見る

トップへ戻る

■ペルーの基本情報

■ペルーってどんなとこ?

ペルーは、南米北西部、太平洋を臨む国で、首都はリマです。
紀元前から古代文明が栄え、12世紀にはクスコを中心にインカ帝国が成立して、栄華を極めました。1532年に新大陸を目指してスペインからやってきた侵略者フランシスコ・ピサロがインカ帝国を崩壊させ、以後3世紀にわたってスペインが領有しました。スペインの搾取と酷使の中から独立機運が高まり、1821年にホセ・デ・サン・マルティン将軍の指導の元に独立を宣言。1824年にスペイン王党派を撃破し、事実上の独立を果たしました。1884年に硝石の所有権をめぐる太平洋戦争で敗北し、南部地方をチリに割譲。その後、軍政や民政による政変が何度もありましたが、 1990年には初の日系大統領フジモリ政権が誕生しました。インフレ、貧困、左翼ゲリラ対策などに取り組み、成果を上げましたが、側近の野党議員買収事件と、独裁的強権体質によりペルー国会は罷免決議を可決。2006年〜2011年まではアラン・ガルシア大統領が貧民層の生活水準向上に取り組み、2011年記憶に新しいケイコフジモリ(フジモリ元大統領の娘)との一騎打ちを制したオジャンタ・ウマラ氏が第94代大統領となり現在にいたる。
ペルーには、古代文明やインカ帝国の歴史遺産など数多くの世界遺産があり、マチュピチュの空中都市やナスカの地上絵などを見学する観光客は、年間74万7,000人に達しています

■ペルーの気候は?

ペルーのクスコは、標高3000mを越す高地にあるため、1日の気温差は大きく、日中の日差しが強く、朝夜はかなり冷え込みます。4〜10月が乾季、11〜3月が雨季ですが、湿度は高くなりません。

■ペルーでの服装は?

クスコは標高3,360mの高地に位置するため、乾燥していて日中は日差しが強く、朝晩はかなり冷え込みます。セーターやジャンパーなど長袖の暖かい服装をご用意ください。日中の強い日差しに備えて、日よけの帽子、サングラスなども必需品です。

■ペルーの習慣&マナーなど注意することは?

クスコは標高3,360mの高地に位置しており、高山病に対する注意が必要です。高地に着いた際には、アルコール、喫煙及び睡眠薬などの服用は避けるとともに、決して無理をせず十分な休養を取ることが必要です。 遺跡等は歩いて観光するので、スニーカーなどの歩きやすい靴、動きやすい服装で。
飲料水は、水道の水は飲めません。煮沸して飲むか、ミネラルウォーターをお飲みください。
トイレは、なるべくホテルのトイレを利用しましょう。観光や外出の際は、ポケット・ティッシュを必ず携帯してください。

トップへ戻る

ペルー共和国
Republica de Peru

ペルーの国旗
政体:共和制 
言語:スペイン語、ケチュア語
住民:インディヘナ47%、メスティソ40%、他
宗教:ローマ・カトリック90%、他
面積:128.5万Km2 (日本の約3.4倍)
人口:2760万人
通貨:ヌエボ・ソル(PES)
ペルー大使館

おすすめツアー

採用情報