マダガスカル旅行をはじめ、シリア・ヨルダン旅行、
ケニア旅行、ペルー旅行、ガラパゴス旅行など
秘境や特殊地域の個人旅行を専門に取り扱うクオリアス

会社案内ご利用ガイド旅行業約款・旅行条件書等サイトマップ営業時間月曜〜金曜AM10:00〜PM19:00、土曜日AM10:00〜PM14:00、日・祝・祭はお休み、電話番号03-5325-4525
モロッコ

■モロッコの見どころ

マラケシュ

マラケシュカサブランカから車で約4時間。ベルベル語で「神の国」を意味するモロッコ第3の都市。モロッコのほぼ中央に位置し、街の背後には3,000mから4,000m級の山々が連なるオート・アトラス山脈がある。フェズについで2番目に古い街で、大西洋、サハラ砂漠側から多くの人が集まる街でもある。 ジャマ・エル・フナ広場を中心とした北アフリカ最大の規模を誇るメディナには、巨大なスークが広がっている。夕方から広場は活気付きはじめ、多くの屋台や大道芸人が集まり、エネルギッシュで混沌とした喧騒が広場全体を包んでいく。旧市街(メディナ)の建物は、すべて赤土の日干しレンガで造られ、どこもかしこも赤褐色になっているのが特徴である。また、メディナの南側には史跡地区がありマラケシュの見所は主に旧市街に集まる。


衛星写真を見る

ワルザザード

ワルザザードサハラの入り口として足を踏み入れる町ワルザザード。1920年フランス軍がサハラ砂漠の最前線基地として建設。その為、町はまだかなり広い範囲が軍用地になっている。さらにフランス軍がモロッコの維持を図る為に重宝したタウリルトのカスバ。いくつもある部屋は狭い階段でつながっており外から見た印象とは変わり、中の造りは複雑になっている。また、アトラスコーポレーションスタジオがあり映画のロケ地としても今注目を集めている。ワイザードの西33kmに日干しレンガ造りの古い要塞化された村、アイト・ベン・ハッドゥ村がある。


衛星写真を見る

フェズ

フェズカサブランカから東に約4時間。モロッコ最初のイスラム王朝・イドリス朝の都になった古都。 1,000年以上前につくられた旧市街フェズ・エル・バリでは今も人々は生活をし、世界一複雑な迷路の中に商店がひしめきあっている。城壁の外の小高い丘からは、城壁の中に密集する町全体を目にすることができる。旧市街の中には、なめし革染色職人街やメディナで一番の繁華街ネジャーリン広場、宮殿を博物館にしたダール・バトハ博物館がある。坂が多く狭い道が多いため、今も輸送手段はもっぱらロバや馬を使っている。


衛星写真を見る

シャウエン

シャウエン正式名称はシェフシャウエン。城壁に囲まれたメディナは、白と水色に塗られていてメルヘンチックでかわいらしい雰囲気が漂う。歴史的にスペイン領になった時代もあった為スペイン語が通じることもあり、他のモロッコの町とは人も町の雰囲気も少し異なる。オンサ−門から町を出て川を渡って丘を登っていくとシャウエンの町全体を眺めることが出来る


衛星写真を見る

メルズ−ガ

メルズ−ガエルフ−ドから50km離れた砂漠観光の基点の街。ほとんどのホテルは砂漠沿いにあり、ホテルの裏が砂漠といった立地にある。砂漠の奥に入っていかなくても砂丘の美しい風景を目にすることはできる。砂漠には当然歩いていくこともでき、化石売りのラクダに乗って散策することもできる。


衛星写真を見る

メクネス

メクネスおいしい水とおいしいブドウで作ったワインが有名なメクネス。イスラム国にありながらお酒解禁なのもこの町の特色と言える。また、東西南北を結ぶ中継地点としても重要で、近いところでは、ローマ時代の遺跡「ヴォルビリス」や聖都「ムーレイ・イドリス」を訪ねる基地になる。このメクネスは二つの丘からできており(メディナの丘)と(新市街の丘)の二つからできている。このメクネスには、北アフリカで最も美しい門のひとつ「マンスール門」がある。門は、メディナ側から新市街側へ行くバス停のそばにある。メディナ側には他に、クベット・エル・キャティン、キリスト教徒の地下牢、ムーレイ・イスマイル廟、風の道、ダル・エル・マ(水の館)、グランド・モスクなどがある。


衛星写真を見る

ムーレイ・イドリス

ムーレイイドリスメクネスからグランドタクシーで45分ほどのところにある神秘的なムードのムーレイ・イドリス。聖者の町ともいわれ、ザンフォーン山にへばりつくように白い街並みが広がっている。町の中心ホルムと呼ばれる聖域には、モロッコで最も崇拝されている聖者であるムーレイ・イドリス1世の廟が、緑色のタイルの屋根を持つ美しい回廊石の建物にある。この区域には非イスラム教徒は足を踏み入れることは出来ない。かつてはこの町全体が聖域として非イスラム教徒に閉ざされていた。また、ここにはモロッコ最大の珍しく異文化のローマ遺跡がある。この遺跡は「ヴォルビリス遺跡」とよばれ、1997年世界文化遺産に登録された。


衛星写真を見る

ヴォルビリス

メルズ−ガムーレイ・イドリスの丘のほとりから北西1.5kmのところにある、モロッコに今も見事なまでに残っている、最大のローマ遺跡である。紀元前2世紀の頃から人が住んでいたとされモータリア王国の一都市としてワリーリ(月桂樹)と呼ばれていた。モロッコの人々は(ファラオの宮殿)とよんでいた。このまちは全長2359mの城跡にかこまれ8つの門と、少なくとも40の塔が建っている。18世紀の地震で倒壊するが、1887年から始まった発掘は今も続いている。カラカラ亭の凱旋門、カピトリウム、公共広場、大通り、浴場、油の製造所、豪邸群などが修復済みで、床や壁に残るモザイクは当時の状態ほぼそのままに保存されている。


衛星写真を見る

ティトゥアン

ティトゥアンタンジェから南東へ60q、バスを使い1時間〜1時間30分ほどで行ける小さな町ティトゥアン。ルアフ門から入るこの町のメディナは、他の町にあるものとはひと味違いモロッコ独立までスペインに支配されていた為スペイン風の建物が多い。このメディナには、衣類、木工、陶器、工具、アルミ製品、食料品など数多くのスークが立ちならんでいる。近くには考古学博物館がある。リフ山脈の山々と調和した美しい町ティトゥアンの町でオススメなのが、タクシーにて20分ほど山を登ったところにある泉「ブアナンの泉」。ここからは、ティトゥアンの町が一望でき、眺めは抜群で夕日は特に素晴らしい。


衛星写真を見る

タンジェ

タンジェ白い街並みが印象的なタンジェ。ジブラルタル海峡を渡れば、約2時間少しでスペインの南端アルヘシラスに着く。まさにタンジェは、モロッコへの海の玄関口なのである。このため20世紀前半にヨーロッパからさまざまな資本、人が流れこみ国際都市として繁栄してきた。町は、南側に広がる新市街と、城壁に囲まれた旧市街メディナに分けられている。メディナの中には、カスバがあり広場からは晴れていればスペイン側の山並みが見渡せる。また、カスバの中にある旧王宮は、1階がモロッコ美術館、2階が考古学博物館になっている。新市街には大砲の置かれた展望台や、小ぎれいなカフェが並んでいる。夜になると港町らしく酒場ネオンがにぎやかに光っている。


衛星写真を見る
トップへ戻る

■モロッコの基本情報

■モロッコってどんなとこ?

北西アフリカの3国、モロッコ、アルジェリア、チュニジアを総称してマグレブと呼ぶ。マグレブとはアラビア語で“陽の沈むところ”の意。その西の端にあるのがモロッコだ。
まず、簡単にモロッコの歴史から。マグレブの地には太古よりベルベル人が住んでいた。古くはカルタゴ、ローマ、バンダル、ビザンチンの支配を受けたが、それは沿岸部や都市部が中心で全国的にはさほど影響はなかったようだ。ところが7世紀以降、イスラム教布教のためにやってきたアラブ人によって、言葉、町の造り、宗教すべてがアラブ化へと大きく変化していく。その後、ベルベル人、アラブ人による各イスラム王朝が興亡を繰り返す。それと同時に大西洋や地中海沿岸の港町はスペイン、ポルトガルの支配を受けることもあった。そして近代。フランスの保護国を経て、第2次世界大戦後の1956年に現在のモロッコ王国が誕生する。

■モロッコの気候は?

4〜5月と10〜11月の2回の雨季があります。
北部(ラバト等)の平野部と西部では、夏は暑いが乾燥しており、冬は温暖湿潤でしのぎやすい気候です。
一方内陸部は砂漠気候で、山岳地帯では冬に氷点下になることもあり、アトラス山脈では積雪もあります。

■モロッコの習慣・マナーなど注意することは?

水道水は避け、ミネラルウォーターを飲用したほうがいい。ペットボトルのミネラルウォーターが商店やキオスクで売られている。
トイレは、なるべくホテルのトイレを利用しましょう。観光や外出の際は、ポケット・ティッシュを必ず携帯してください。

トップへ戻る

モロッコ王国
Kingdom of Morocco

モロッコの国旗
政体: 国王を元首とする立憲君主国家 言語:モロッコ語、フランス語
住民:アラブ系65%、ベルベル系35%
宗教:イスラーム教(スンニー派)
面積:45万9000Km2(日本の約1.2倍)
人口:約3220万9101人
通貨:ディラハムDH
時差:マイナス6時間

■モロッコ国情報

採用情報