マダガスカル旅行をはじめ、シリア・ヨルダン旅行、
ケニア旅行、ペルー旅行、ガラパゴス旅行など
秘境や特殊地域の個人旅行を専門に取り扱うクオリアス

会社案内ご利用ガイド旅行業約款・旅行条件書等サイトマップ営業時間月曜〜金曜AM10:00〜PM19:00、土曜日AM10:00〜PM14:00、日・祝・祭はお休み、電話番号03-5325-4525
メキシコ

■メキシコ地図

■メキシコの見どころ

メキシコシティ(Mexico City)

メキシコ国立人類博物館(太陽の石)中央広場のあるソカロ周辺は歴史地区であり、観光の見所が集中。主な観光地として、テンプロ・マヨール(アステカ帝国の神殿跡)、メトロポリタン・カテドラル(南米最大級の教会)、メキシコ独立の舞台だった国立宮殿(リベラの壁画「メキシコの歴史」)、三文化広場(16世紀のサンチャゴ教会、アステカ時代のトラテロルコ遺跡、現代の高層団地)などがある。なかでも一押しは、メキシコ古代文明の集大成ともいえる「国立人類学博物館」。ここは1日ないし2日かけてじっくり見学したいところである。貴重な発掘品から本物以上に精巧に復元したレプリカまでメキシコ各地の遺跡を訪れずとも、その感動を手にすることができる唯一の場所である。

衛星写真を見る

テオティワカン遺跡(Teotihuacan)

テオティワカン遺跡メキシコシティから車で約1時間(50km)。紀元前2世紀に建造され、8世紀には謎の滅亡となったメキシコ最大の宗教都市国家。最盛期当時の人口は最大20万人以上といわれている。アステカ人が訪れたときにはすでに荒廃していた謎の遺跡の見所は、メインストリートの死者の道を挟む形で、太陽のピラミッド、月のピラミッド、ケツァトルコアトルの神殿、ケツァルパパロトルの宮殿、ジャガーの宮殿などがある。



衛星写真を見る

グアナファト(Guanajuato)

グアナファト数あるメキシコのコロニアル都市の中で一番美しい町。銀の産出で富をもたらしたこの町はまるで中世のおとぎ話に出てくるような風景が広がる。パステルカラーのかわいい建物から重厚なバロック様式の教会まで町にすっぽり納まっている。主な見所は、ファレス劇場、プエブロ博物館、グアナファト大学、ミイラ博物館、口づけの小道、ピピラ記念像(ピピラの丘)などがある。



衛星写真を見る

オアハカ(Oaxaca)

オアハカ(サントドミンゴ教会)おしゃれなコロニアル建築が立ち並ぶ歴史地区と、一方近郊では昔ながらの文化や風習を守るインディヘナの生活が残る、ここオアハカには他のメキシコの町とはどこか違った雰囲気・魅力がある。主な見所は、サントドミンゴ教会(バロック建築の傑作)、オアハカ文化博物館(モンテ・アルバン、ミトラからの出土品展示)などがある。おすすめは、中央アメリカ最古の遺跡との声もある「モンテ・アルバン遺跡」(紀元前500年建設)。



衛星写真を見る

ビジェエルモサ(Villahermosa)

パレンケ遺跡メキシコシティから空路で約1時間20分。マヤ遺跡の至宝「パレンケ遺跡」へのアクセス拠点として知られている。郊外にはマヤ遺跡の「ボナンパック」(彩色壁画で有名)や「ヤシュチラン」(ジャングルの中の宗教都市)などもある。
パレンケ遺跡には碑文の神殿(パカル王の墓発見)、頭蓋骨の神殿、宮殿、十字架の神殿、太陽の神殿などがある。特にパカル王の地下墳墓発見はマヤのピラミッドに「王の墓」の役割があったことを示す証拠となり、マヤ文明研究に一石を投じることになった。

衛星写真を見る

ユカタン半島

カンクンの美しい白浜のビーチ チチェン・イッツァー遺跡 ウシュマル遺跡 トゥルム遺跡 ユカタン半島は、マヤ遺跡があることで有名なエリア。また、世界屈指の美しい海カリブ海のリゾートカンクンがある。 マヤ遺跡観光の玄関都市はメリダ。 メキシコシティから空路で約1時間40分。 無数のマヤ遺跡が点在する中、おすすめは「チチェン・イッツァー」、「ウシュマル」、「カバー」、「エズナー」、「トゥルム」など。

【カンクン−CANCUN−】
マヤ語でヘビという意味を持っている、カリブ海とラグーンに挟まれたメキシコを代表するリゾート地。1年の3分の2が晴天であり、年平均気温も27〜28度ほどなので、1年を通して楽しむことができる。ホテルゾーンには世界的なホテルが立ち並びバスも頻繁に運行している。英語が比較的通じるエリアであり、ダイビングや、マリンスポーツなどのアクティビティも充実しているのでバカンスをおもいっきり楽しむことができる。

【チチェン・イツァー −CHICHEN ITZA−】
マヤの言葉で泉のほとりという意味がある遺跡。ジャングルに点在するユカタン半島随一の遺跡。遺跡は、6世紀のマヤ古典期の旧チチェン・イツァーと10世紀以降の新チチェン・イツァーにわけられる。
・エル・カスティージョ/el castillo
スペイン語で城の意味をもつチチェンを代表する遺跡。高さは25m、ピラミッド様式の神殿で各面に急な階段がある。この階段は、91段あり頂上を合わせ農耕に重要な1年を表していたのではないかといわれている。(91段×4面+頂上部1段=356)さらに、秋分の日と春分の日にはピラミッドの側面に太陽が反るようにしてあたり階段のギザギザ模様の影を均一に映し出す。階段の下には、羽毛のヘビ(ククルカン)がしつらえられておりこの影ときれいに繋がっているように見える。この様子はククルカンの降臨現象と言われている。その他に戦士の神殿、頭蓋骨の台座、ジャガー神殿、球戯場、聖なる泉(セノーテ)などもそうである。一方、古典期の建造物としては、カラコル(天文台)、尼僧院、高僧の墳墓などがある。

【ウシュマル遺跡 −UXMAL−】
チチェン・イツァーと並ぶマヤ文明を代表する大遺跡。7世紀〜10世紀ごろまで栄えました。この遺跡は、マヤ語で丘という意味のプウク(様式)と呼ばれています。プウク様式は、壁一面にモザイク模様が施されているのが特長です。この地域は、河川が全くなく雨水が頼りだったために雨神チャックを深く信仰していました。しかし、10世紀シウ人により占拠されるとその後は、ケツアルコルトルも崇拝するようになりました。
・魔法使いのピラミッド/Piramide del adivino
ジャングルに囲まれた中にある、高さ約35m、マヤ遺跡としては珍しい丸みを帯びた楕円形で女性的な印象を与えるピラミッド。5つの神殿を積み重ねたといわれ急な階段の先、頂上には雨神チャックなどの精密なモザイクが一面に埋め尽くされている。また、この階段の脇にも雨神チャックの顔が頂上まで続いている。伝説によると
この神殿は小人が魔法を使い一夜にして作り上げたといわれていることから、魔法
使いのピラミッドと呼ばれています。1996年ユネスコの世界文化緯線に登録されました。


衛星写真を見る(チチェンイッツァ遺跡) 衛星写真を見る

チワワ太平洋鉄道(Chihuahua)

チワワ太平洋鉄道太平洋岸、ロスモチスから内陸部のチワワを結ぶ鉄道。メキシコでは数の少ない、旅客列車を運行している路線です。地元住民の足となっていますがその美しい景観から”観光列車”として世界中に知られています。 90年もの歳月をかけて敷設された、この鉄道の全長は約650km、高低差約2300mで、途中37の橋と86のトンネルを通ります。鬱蒼と生い茂る緑深い渓谷や険しい岩肌の山々を縫うように進み、車窓からは雄大な景観が楽しめます。ディビサデロ駅周辺では、この列車最大の見所”コッパーキャニオン”(銅渓谷)が眼下に広がります。また場所場所によって景色が異なるのも魅力で、チワワ〜クリール間はサバンナ状態と呼ばれる木々が少ない平らな土地とハダカ山が景色の中心になります。 渓谷沿いには先住民族のタラウマラ族が住んでおり、線路沿いにカラフルな衣装の人々が民芸品などを売りに来ます。

衛星写真を見る


トップへ戻る

■メキシコの基本情報

■メキシコってどんなとこ?

中米にありアメリカとグアテマラ、ベリーズと国境を接する国です。面積は日本の5倍もある観光大国です。太平洋に面したアカプルコやロスカボス、カリブ海に面したカンクンなどのリゾート地としても知られています。古くはエジプトにも劣らないほど天文学や暦学が発達していました。(マヤ文明、アステカ文明など)このころ建造された遺跡は多くの謎を残し現在も発掘作業が行なわれています。1519年にスペイン軍が上陸し侵略され、独自の文化は薄れていきました。しかし、1800年代になると独立戦争が勃発し1821年には独立が達成されました。

■メキシコの気候は?

広大な面積のメキシコの気候はいくつかに分けられます。基本的に6〜9月が夏で雨季となり10〜5月が乾期で11〜2月は冬になります。
北部は砂漠が多く夏には気温40度以上になることもあります。朝、晩は涼しくなりますが、時期により氷点下近くまで冷え込むこともあります。
中央高原は、1年を通して常春のような過ごしやすい気候です。冬は寒い日もあり、平均最低気温は10℃前後です。
西海岸は熱帯気候になり、雨季は毎日のようにスコールがあります。1年を通して温暖です。
ユカタン半島周辺は、海岸沿いは貿易風が吹き涼しいですが、内陸はジャングルになり蒸し暑いです。

■メキシコの気候は?

晴天率が高く日差しが強いので日焼け止め、サングラス、帽子の3点は持っていったほうが良いでしょう。雨季になると蚊が多いので虫除けがあると便利です。海岸部に行く場合でもあったほうがいいでしょう。水は、水道水ではなくお店でミネラルウォーターを買いましょう。また、日差しの強い中過ごす場合は脱水症状を避けるため適度に水分を取りましょう。

トップへ戻る

メキシコ合衆国
Estados Unidos Mexicanos

メキシコの国旗
政体:連邦共和制
言語:スペイン語
住民:メスティソ80%、インディオ10% 他
宗教:カトリック教、他
面積:195.8万9000Km2(日本の約5.2倍)
人口:約9049万人
通貨:メキシコ・ペソ(MXN)
時差:マイナス14時間
採用情報