マダガスカル旅行をはじめ、シリア・ヨルダン旅行、
ケニア旅行、ペルー旅行、ガラパゴス旅行など
秘境や特殊地域の個人旅行を専門に取り扱うクオリアス

会社案内ご利用ガイド旅行業約款・旅行条件書等サイトマップ営業時間月曜〜金曜AM10:00〜PM19:00、土曜日AM10:00〜PM14:00、日・祝・祭はお休み、電話番号03-5325-4525
エチオピア

■エチオピア全体地図

■エチオピアの見どころ

バハルダール(Bahir Dar)

ウラ・キダネ・ミフレット(バハルダール・タナ湖)アジスアベバから空路で約45分。青ナイルの源流・タナ湖の湖岸の町。
タナ湖には現在37の小島があり、合計20箇所にエチオピア正教の教会や修道院がある。
修道院の壁には独特のキリスト教絵画(フレスコ画)が描かれており、修道院建設当時の聖書や十字架なども残っている。


衛星写真を見る

ゴンダール(Gondar)

ファシリダス王の城(ゴンダール)バハルダールから車で約3時間。17世紀から約200年間続いたゴンダール王朝時代の首都(古都)。主な観光地として、ゴンダール城とデブレ・ベルハン・セラシー教会がある。ゴンダール城はファシリデス王の時代から200年の間に、6つの城と12ヶ所の城門が造られたが、どれも中世のヨーロッパのお城にそっくりで「不思議の城」と呼ばれている。もうひとつの名所デブレ・ベルハン・セラシー教会には80体の黒人天使が描かれた天井がある。神の力はあらゆる方向に向いているという意味をこめて、天使の顔はあらゆる方向に向いて描かれている。


衛星写真を見る

ラリベラ(Lalibela)

ラリベラ教会(十字型)ゴンダールから空路で約30分。聖地エルサレムを模して作ったとされるこの田舎町に、合計11の岩窟教会がある。巨大な一枚岩を彫りぬいて作られた岩窟教会の姿は見事な出来栄えで、現在の彫刻技術をもってしてもかなわないともいわれている。 教会群はヨルダン川を挟み、第一グループと第二グループに分類できる。2つのグループから離れたところに、聖ゲオルギス教会(正十字架形の教会)がある。毎年1月19日には、キリスト教の洗礼を祝う「ティムカット」というお祭りがある。タボットと呼ばれるアークのレプリカを11の岩窟教会から担ぎ出して、僧侶たちのあとを信者たちが練り歩くという盛大なお祭りである。


衛星写真を見る

アクスム(Axum)

アクスムのオベリスクラリベラから空路で約30分。エチオピア文化発祥の地、アクスム王国の首都。
エチオピアの口承伝説をまとめた「ケブレ・ナガスト」によると、シバ女王とソロモン王の間の子供、メネリク1世が、あるときイスラエルにあった「聖櫃(アーク)」を持ち帰った。そして現在、アークはここアクスムのシオンの聖マリア教会に安置されているという。またアクスムでもうひとつ有名なのが、巨大なオベリスクの存在。アクスム王国期に作られたとされ、一枚の花崗岩を彫刻してつくられたオベリスクは最高で高さ33m、重さ約100トンもある。これは現在地上に崩れてしまっているが、このような巨大なオベリスクがかつて300以上もあったとされている。


衛星写真を見る

アルバミンチ(Arba Minch)

アルバミンチアディスアベバから飛行機で1時間、バスで10〜11時間かかるエチオピア南部の町アルバ・ミンチ。アムハラ語でアルバは「40」、ミンチは「泉」を意味し日本語に直すと「40の泉」。 このあたりは大地溝帯の底部にあたる為水分が多く、緑が多く茂っている。町はアバヤ湖湖畔で主要な建物が多いセカラ地区と、セカラ地区より西にあり200m高地のセチャ地区からなっている。外国人相手のホテルはセチャ地区に集中している。町の名前は40の泉となっているが実際には簡単に行ける湖は少ない。


衛星写真を見る

トップへ戻る

■エチオピアの基本情報

■エチオピアってどんなとこ?

エチオピア高原として知られる標高の高い台地が、国土の半分を占めます。
高原は、グレート・リフトバレー(大地溝帯)により、北東部と南西部に二分されています。
高原の平均標高は、約1,680mですが、多くの深い谷や河川により寸断され、高原から600mも下がる場所もあります。

■エチオピアの気候は?

標高により、気候も植生等も大別される。
1800mm以下の地域は亜熱帯気候に属し、年間平均気温は約27℃で、降水量は年間500mm以下と少ない。
標高1800〜2400mの高原地帯は、亜熱帯気候の特徴を持つが、年間平均気温は約22℃、降水量も1500mmほどで、エチオピア内では肥沃な農業地帯でもあり、人口も多い地帯になる。
標高2400m以上の高原になると、温和で気温は少し下がり、年間降水量は、おおよそ1270〜1780mmほどである。この地帯でも人口は多い。
アディス・アベバ以北の雨季は、6月の中旬から9月までで、その後は乾季が続くが、2月か3月に短い雨季がある。
南部の雨季は、少しズレて4月下旬から7月頃までになる。
旅行のベスト・シーズンとしては、北部の高原地帯は、9月中旬から6月頃までになる。
南部地域へは、7月〜10月、12月〜3月あたりが良い。
北東部の砂漠地帯へは、10月〜3月の冬季が涼しくて良い。
首都のアディス・アベバ近郊の観光なら通年も可能だが、一日の寒暖の差が激しいので注意。

■エチオピアでの服装は?

日中は、直射日光が強く暑いので風通しの良い長袖のシャツなどが適しています。
朝夕は、すずしいので、カーディガン、セーター類をご用意ください。
雨季は、夜の冷え込みが強いので、セーター、パーカーなどをご持参ください。

■エチオピアの習慣・マナーなど注意することは?

現地の住民を撮影する時は、事前の了解が必要。 サファリ・ツアーの最中であれば、サファリカーのドライバーに交渉してもらうようにし、チップを払ってから撮影するようにしてください。 サファリ・ツアー中は、砂ぼこりをかぶってもいいようなジーンズや麻地のシャツなどラフなスタイルが良いでしょう。また、帽子、マスクは必需品です。動物を刺激するような派手な色のシャツは避けましょう。 履きなれた靴やサングラスをご持参ください。 夕食の際、男性は上着にネクタイ、女性もワンピースなどドレッシーな服装が必要な場合がありますので一着はご持参ください。 飲料水は、水道の水は飲めません。煮沸して飲むか、ミネラルウォーターをお飲みください。 トイレは、なるべくホテルのトイレを利用しましょう。観光や外出の際は、ポケット・ティッシュを必ず携帯してください。

トップへ戻る

エチオピア連邦民主共和国
Federal Democratic Republic of Ethiopia

エチオピアの国旗
政体: 連邦共和制
言語:アムハラ語、英語
住民:アムハラ族、ティグライ族、オロモ族等約80の民族
宗教:キリスト教、イスラム教他 面積:109.7万Km2(日本の約3倍)
人口:7,000万人
通貨:エチオピアブル
時差:マイナス6時間
採用情報