マダガスカル旅行をはじめ、シリア・ヨルダン旅行、
ケニア旅行、ペルー旅行、ガラパゴス旅行など
秘境や特殊地域の個人旅行を専門に取り扱うクオリアス

会社案内ご利用ガイド旅行業約款・旅行条件書等サイトマップ営業時間月曜〜金曜AM10:00〜PM19:00、土曜日AM10:00〜PM14:00、日・祝・祭はお休み、電話番号03-5325-4525
キューバ

■キューバ地図

■キューバの見どころ

ハバナ-Havana

ハバナハバナ キュ−バの首都。人口約200万人の政治・経済の中心地。街は旧市街と新市街で構成されている。
旧市街はアバナ・ビエハと呼ばれコロニアルな街並みが世界遺産にもなっている。オビスポ通り周辺には生バンドでキュ−バ音楽を聞かせるバ−やレストランが多く、気軽にキュ−バ音楽が楽しめる。周辺に中華街や民宿の多いガリア−ノを海側に進み、海沿いのマレコン通りを西に進むと新市街になり革命広場やハバナ大学ある。
衛星写真を見る

バラデロ-Varadero

バラデロハバナから東に車で約2時間。美しい白砂のビ−チが続き、そのビ−チ沿いに大きなリゾ−トホテルが建ち並ぶキュ−バ最大のビ−チリゾ−ト。ヒカコス半島内の移動は、半島内を循環している2階建てのバス(2階は屋根がなく見晴らしがいい)を利用することができる。





衛星写真を見る

トリニダ−-Trinidad

トリニダ−ハバナから車で約5時間。こじんまりとした落ち着いた雰囲気のある街並みが世界遺産に指定されている。
石畳の街を歩いているだけで楽しむことができ、市内バスで30分の距離にはアンコンビ−チがあり、海水浴やダイビングをすることもできる。





衛星写真を見る

サンチアゴ・デ・クーバ-Santiago de Cuba

サンチアゴ・デ・クーバキュ−バの東南に位置し、ハバナから車で約15時間、飛行機で約1時間半の距離にあるキュ−バ第2の都市。
1953年にカストロ革命軍がモンカダ兵営を襲撃したことによって革命戦争が始まった場所としても知られている。
キュ−バ内の他の都市と比べて黒人の割合が多く、ハバナとはまた違った雰囲気のキュ−バがある。




衛星写真を見る


トップへ戻る

■キューバの基本情報

■キューバってどんなとこ?

カリブ海の真珠といわれ、マイアミの南、ジャマイカの北に位置するカリブ海最大の面積を誇る島国。
1959年のキュ−バ革命によりフィデル・カストロ国家評議会議長による社会主義政権が続いている。

■キューバの気候は?

乾季は11月から4月。雨季は7月〜10月。雨の少ない乾季がベストシ−ズンだが、雨季といってもスコ−ルで1日中降り続くわけではないので旅行にはあまり影響はない。ハリケ−ンが9月と10月に多いので、その時期には飛行機が飛ばなくなることもある。

■キューバの習慣・マナーなど注意することは?

基本はスペイン語だが、英語を話せる人も多く、街中で葉巻等を売ってくる人がいるので偽物をつかまされないように注意しよう。また、通貨はペソ・コンバティブレとペソ・クバ−ノの2種類しかないが、他にも種類があるといって闇両替を持ちかけてくる人もいます。 外国人男性がキュ−バ人女性と一緒に歩いているところを警察に見つかるとキュ−バ人女性が逮捕されますが、外国人男性は逮捕されません。

■キューバの通貨は?

通貨に関しては、旅行者はペソ・コンバティブレを持っていれば基本的に問題ない。 ペソ・クバ−ノの3ペソ札にはゲバラが印刷されているゲバラ札で、3ペソコインはゲバラコインなので、ゲバラファンにはいいお土産になる。CADECA(両替所)で指定すれば両替が可能。

トップへ戻る

キューバ共和国
Republica de Cuba

キューバ国旗
政体:社会主義共和制
言語:スペイン語
住民:ムラート(白人と黒人の混血)と白人87%、アフリカ系黒人12%、中国系アジア人1%
宗教:カトリックとアフリカ宗教。無宗教の人も多い。
面積:11万1000km2(日本の本州の約2分の1)
人口:1123万9536人
通貨:ペソ(Peso)
採用情報