マダガスカル旅行をはじめ、シリア・ヨルダン旅行、
ケニア旅行、ペルー旅行、ガラパゴス旅行など
秘境や特殊地域の個人旅行を専門に取り扱うクオリアス

会社案内ご利用ガイド旅行業約款旅行条件書等サイトマップ営業時間月曜〜金曜AM10:00〜PM19:00、土曜日AM10:00〜PM14:00、日・祝・祭はお休み、電話番号03-5325-4525
チリ・アルゼンチン(パタゴニア)
トップへ戻る

■アルゼンチンの見どころ

ブエノスアイレス(Buenos Aires)

ブエノスアイレス「南米のパリ」と呼ばれるアルゼンチンの首都。街の中心部は8つの地区から構成されていて、地区によってそれぞれの特徴がある。カフェやブティック等が並ぶフロリダ通りやラバ−ジュ通りといった繁華街があり、街の中心エリアであるサン・テルモ地区、サッカ−の名門チ−ム「ボカ・ジュニア−ズ」の本拠地で、カラフルな街並みのカミニ−トがあるボカ地区では、昼間でもレストランでタンゴを気軽に鑑賞でき、夜は石畳のコロニアルな建物が並ぶサン・テルモ地区で本格的なタンゴのショ−を鑑賞することができ、街並みと合わせてアルゼンチンのノスタルジ−を体感できる。


衛星写真を見る

イグアスの滝(Cataratas Iguazu)

イグアスの滝地図イグアスの滝イグアスの滝・アルゼンチン側(Puerto Iguazu)
アルゼンチン側からのポイントは、イグアスの滝最大の見所「悪魔ののどぶえ」と言われる滝つぼへ勢いよく水が落下する様子が近くで見られること。 アルゼンチン側の拠点の町はプエルト・イグアス(Puerto Iguazu)。町からイグアス国立公園(Cataratas Argentinas行きのバス)へはバスで約30分かかる。入場してすぐに滝への入口でもある「ビジターセンター」があるので公園内の情報をここで収集。公園内の移動は鉄道を使います。駅(Estacion Central)はビジターセンターから徒歩5分のところにあります。メインの「悪魔ののどぶえ」の駅までは約20分。電車を降りて滝が見える展望橋までは徒歩で約1.1kmほど歩きます。途中、映画「ミッション」の撮影に使われた場所を通りその先に橋が見えそこまで来ると水しぶきが見えその先に「悪魔ののどぶえ」が見えてきます。ボートツアーなどでは、滝つぼの側に近づいたりさらに迫力を感じられます。体力があれば、滝の上に設けられた遊歩道を散歩してみるのも良いでしょう。イグアス周辺は蝶の宝庫でもあるので、色鮮やかな蝶や珍しい野鳥や動物などに遭遇するチャンスもあります。
・ブラジル側
ブラジル側からのポイントは、イグアスの滝全景が見渡せること。アルゼンチン側には迫力で負けますがジャングルツアーは豊富にあります。また、バスなどを使えばほとんど歩かずに「悪魔ののどぶえ」の近くまで行く事ができます。 ブラジル側から滝に行くには、フォス・ド・イグアスの町からバスに乗り国立公園の入り口まで行き、そこから公園内のバスに乗り換え終点まで行きエレベーターに乗ればほぼ歩かずに滝に行く事ができます。ブラジル側の国立公園入り口手前には「バードパーク」があり世界中から珍しい鳥が集められています。
〈イグアスの滝の水量〉
イグアスの滝は雨季、乾季で水量にかなりの差が出てきます。ベストシーズンは、8月〜11月頃で、水量もあり迫力があります。また虹が見られるチャンスも多いでしょう。11月〜3月は増水期で水量はあるのですが逆に接近が難しくなります。4月から6月は水量が少ないので迫力にかけます。水量のある時期は、近くに行くだけでかなりぬれるのでカメラなどは注意が必要です。

衛星写真を見る

サルタ(Salta)

サルタサルタブエノスアイレスから北へ1600kmも離れた北部の中心都市で、チリ、ボリビア、パラグアイの国境に近く、かつては隣国の鉱物をブエノスアイレスへ運ぶ中継地点として栄えたコロニアル都市である。町は碁盤の目状に道路が走り、随所にコロニアル建築の建物が立ち並び、特に教会建築の多さには目を 見張る。サルタは人口約30万人の都市だが、ブエノスアイレスと比べると物価 が非常に安い。町ではサルタ風エンパナ−ダスの専門店やアルゼンチン・フォルクロ−レを聴かせるペ−ニャもある。 主な見どころとしては、町の中心である7月9日広場前の「カテドラル(Catedral)」、市内最古の建物「カビルド(Cabildo)」、白と赤の高い塔がひと際目立つ「サンフランシスコ教会(Iglesia de San Fancisco)」などがある。また「サン・ベルナルドの丘」からは町が一望できるので、ゴンドラに乗って夕暮れ時の町並みを鑑賞してみるのもいい。 サルタを基点とした近郊への主なツアーとしては、「雲の列車旅行/サンアントニオ・デ・ロス・ゴブレス(San Antonio de los Cobres)」、カラフルな鉱物がむき出しになった世界遺産の「ウマワカ渓谷(Quebrada de Humahuaca)」、「カファジャテ渓谷(Cafayate)」、「サリナス・グランデス(Salinas Grandes/塩湖)」などがある。

衛星写真を見る

メンドーサ(Mendoza)

サンチアゴ・デ・キュ−バブエノスアイレスから西へ1060km離れた中部の中心都市で、乾いた地中海性気候はブドウ栽培に最適で上質のワインの生産地として有名(アルゼンチンはワイン生産世界第4位)。町は独立広場(Plaza Independencia)を中心に碁盤の目状に道が走り、広場から東へ3ブロック離れたところにメインストリートのサン・マルティン大通り(Av. San Martin)がある。ホテル、カフェ、レストランなど主なものは独立広場とサンマルティン大通りの周辺に集まっている。 おすすめは、近郊のボデガ見学。ボデガ(Bodega)とは貯蔵庫の意味でワイナリーのこと。市内からバスで気軽に訪問できるボデガは10箇所ほどある。事前に予約が必要なボデガもあるので個人でいく場合は要注意です。

衛星写真を見る

バルデス半島(Peninsula Valdes)

サンチアゴ・デ・キュ−バアルゼンチン・パタゴニア地域に含まれる南緯40度以南に位置するバルデス半島は、大西洋に突き出た出島のような半島で、ペンギン、ゾウアザラシ、オタリア(アシカ科)などがコロニーを作って多数生息している(1999年世界遺産に登録)。バルデス半島への拠点の町は、プエルトマドリン(Puerto Madryn)とトレレウ(Trelew)で、どちらからでも半島へのツアーは同じ条件で参加できる。半島は奈良県ほどの大きさで、半島巡りは車を利用することになる(ツアーバス、タクシー、レンタカーなど)。シャチやクジラなども見ることができるが、季節によって見られる動物が異なるので必ず事前に確認すること(なおゾウアザラシとオタリアは1年中見られる)。


衛星写真を見る

バリローチェ(Bariloche)

バリローチェバリローチェ正式名称はサン・カルロス・デ・バリローチェ(San Carlos de Bariloche)。ブエノスアイレスから1650km離れた、標高770mのナウエル・ウアピ湖畔に位置する都市。南緯40度以南に位置するパタゴニア地方に属し、町はナウエル・ウアピ湖(Lago Nahuel Huapi)とカテドラル山(Cerro Cathedral) に 囲まれた風光明媚なロケーションにあり、南米のスイスと呼ばれている。夏はキャンプや釣り、トレッキング、秋は紅葉、冬はスキーなど、様々なアウトドアーが楽しめる。町の中心は、セントロ・シビコ(Centro Civico)で観光案内所、図書館、市庁舎など町の主要な建物が立ち並び、一角にはパタゴニアの動植物を展示したパタゴニア博物館(Museo de la Patagonia)もある。メインストリートはセントロ・シビコの南を東西に走るペリト・モレノ通り(Av. Perito Moreno)で、ホテル、レストラン、みやげ物屋はここに集中している。 主な見どころとしては、氷河で削り取られた峰々が教会のように見えるところから名が付いた「カテドラル山」、バリローチェ周辺の景色が360度見渡せる展望レストランもある「カンパナリオの丘(Cerro Campanario)」、森と湖の美しい風景が楽しめる「ロス・カンタロスの滝とフリアス湖(Cascade Los Cantaros y Lago Frias)」や「トロナドール山とロス・アレルセスの滝(Montana Tronador y Cascada Los Alerces)」などがある。

衛星写真を見る(町の中心)衛星写真を見る(バリローチェ周辺)

カラファテ(Calafate)

パタゴニア地図アルゼンチン・パタゴニア観光の拠点の町。ペリトモレノ氷河やウプサラ氷河へのクルーズ船観光は、ここから車で約1時間のところにある港・プンタ・バンデーラ(Punta Bandera)から出航している。個人で行くにはなにかと不便なので、カラファテからのバスツアーに参加するのが一般的である(日帰り観光可能)。 ロス・グラシアレス国立公園(Parque Nacional Los Glaciares)では、ペリトモレノ氷河やウプサラ氷河の他、代表的な観光地としてオネジー湖やスペガッツーニ氷河などがあるのでおすすめです。ただし、クルーズ船によっては立ち寄らないこともあるので注意を。その他、フィッツ・ロイの基点の町エル・チャルテン(El Chalten)へはバスで約4時間、パイネ国立公園の基点の町プエルト・ナタレスへはバスで約5時間の距離に位置する。2000年に町から10kmほどのところに空港がオープンし、ブエノス・アイレスから直行便で所要約3時間半で着く。カラファテの町はエメラルドグリーンのアルヘンティーノ湖(Lago Argentino)に面した小さな町で特に見所はないが、のんびりしたいい雰囲気の町である。
●ロス・グラシアレス国立公園(Parque Nacional Los Glaciares) Glaciarはスペイン語で「氷河」を意味します。その名の通り、氷河で有名な国立公園です。園内の面積は4,459ku。公園内には47の氷河があり、その面積は南極、グリーンランドに次ぐ世界第3位の大きさです。ここの氷河の特徴は、動きが活発なことで轟音とともに崩れ落ちる様子を見ることができます。1937年に国立公園に指定され1981年にユネスコの世界遺産リストに自然遺産として登録されました。氷河のほかに、氷河によって削られた険しい山々も見どころのひとつです。
・ペリトモレノ氷河(Glaciar Perito Moreno)
全長:約35km、表面積:195ku〜250ku、先端部の幅:約5km、高さ:約60m エル・カラファテから陸路で訪れることができる氷河で、展望台からの眺めがすばらしいです。展望台からは、氷河を上から見ることができる数少ない場所です。
・ウプサラ氷河(Glaciar Upsala)
全長:約60km、表面積:約595ku、先端部の幅:5〜7km、高さ:80〜100m 以前は園内最大の氷河でしたが、現在は温暖化などの影響で後退し現在は2番目に大きな氷河。ウプサラ氷河へは、クルーズで向かいます。

衛星写真を見る(カラファテ周辺)衛星写真を見る(ペリトモレノ氷河)

ウシュアイア(Ushuaia)

ウシュアイアウシュアイア南極に最も近い世界最南端の町(南極からの距離わずか1000km)。この町はマゼラン海峡、ビーグル水道、そして大西洋に囲まれたフエゴ島にある(島の左側半分がチリ領、右側半分がウシュアイアのあるアルゼンチン領)。町は海がある南側から山のある北側に向けて坂道となっており、道路は碁盤の目のようにきれいに整備されている。海沿いのマイプー通り(Maipu)の1本北側の通りがこの町のメインストリートのサン・マルティン通り(San Martin)で、観光案内所からホテル、レストラン、旅行会社など、大抵のものはこの通り沿いに集中している。またラセレ通り(Lasserre)を海に向かって突き当たったところに観光桟橋があり、ビーグル水道のクルーズ船はここから発着する。 主な見どころは、「地球の果て博物館」、「ビーグル水道(Canal Beagle)」、「ティエラ・デル・フエゴ国立公園(Parque Nacional Tierra del Fuego)」、「世界の果て号(El tren del Fin del Mundo」、「マルティアル氷河(Glaciar Martial」などである。

衛星写真を見る(町の中心)衛星写真を見る(ビーグル水道)
トップへ戻る

■チリのみどころ

サンティアゴ(Santiago)

サンティアゴ人口約550万人のチリの首都。街はアルマス広場を中心とした旧市街とプロビデンシア地区とラス・コンデス地区の2つの新市街に分かれている。旧市街には、モネダ宮殿、大聖堂、サンタルシアの丘、いくつかの博物館等の見所があり、中央市場のレストランでは、ウニ等のシ−フ−ドやチリ産のワインがかなり割安で食べることができる。新市街はこれといった見所はないが、南米でも屈指の洗練された都会を感じることができる。旧市街と新市街間やバスターミナルへは地下鉄で移動が可能。日帰りで世界遺産の街・バルパライソ(バスで片道2時間)に行くこともできる。


衛星写真を見る

■サンペドロ・デ・アタカマ(San Pedro de Atacama)

アタカマアタカマボリビアとアルゼンチンとの国境に近いチリ北部の町(標高2438m)。世界で最も乾燥した砂漠といわれるアタカマ砂漠にある小さな町なので市内観光は徒歩でできます。考古学博物館では、町の周辺で発掘された30万点に及ぶ資料、アタカメーニョのミイラなどが展示されています。この町が有名なのはアタカマ高地のツアー拠点の場所だからである。近郊の主な観光地としては、「月の谷(Ville de la Luna)」、「アタカマ塩湖(Salar de Atacama)」、「ミスカンティ湖(Laguna Miscanti)」、「タティオ間欠泉群(Los Geisers del Tatio)」などがある。また、ボリビアのウユニ塩湖へ抜けるツアー(オ−バ−ランドツア−)の基点でもある。
・月の谷(Valle de Luna)
町から車で30分ほど行くと月面を思わせるような砂漠地帯があります。ここは非常に乾燥した塩分を多く含む砂漠です。以前は岩塩の採掘をしていました。今でも岩肌が白くなり少し削ると岩塩であることがわかります。
・アタカマ塩湖(Salar de Atacama)
標高2305mにある岩塩だらけの湖、ウユニ塩湖に次ぐ世界第二位の面積を誇ります。ここはフラミンゴ自然保護区に指定されておりフラミンゴのコロニーがあります。
・タティオ間欠泉
サンペドロから北へ94km、標高4500mにある、世界最高所の間欠泉。あちこちから煙が上がり自然を体感できます。

衛星写真を見る

■プエルト・ナタレス(Puerto Natales)

パイネパイネパイネ国立公園の基点の町。チリ・パタゴニアの空の玄関口プンタ・アレナス(Punta Arenas)からバスで約3時間の距離にあり、カラファテとの間に位置する。アルゼンチンとの国境もほど近い。特に見所はなく、パイネ国立公園の日帰りツア−やトレッキングの準備をする町として機能している。また、パイネ国立公園内では限られた場所でしかお土産なども買えないためこの町で購入していくことをお勧めします。
●パイネ国立公園
(正式:トーレス・デル・パイネ/Parque Nacional Torres del Paine)

プエルト・ナタレスの北約120kmに位置する面積1630ku(大阪府より少し小さい)の自然公園です。1959年に国立公園に指定されたチリ・パタゴニアのなかで最も有名な観光地で、日本語で、「パイネの塔」という意味を持ち公園内には塔のような形をした岩山があります。年間をとおして東側は強風が吹き、西側は降雨、降雪が多いです。夏であっても平均最高気温は17℃、冬になれば最高平均気温は5℃にまで下がります。こんな厳しい条件のもとでも、コンドルをはじめとする猛禽類やピューマ、ハイイロギツネなど動物が生息しています。 主な名所は、国立公園を象徴する3つの岩峰の「トーレス・デル・パイネ(Torres del Paine)」、「パイネ・グランデ山(Cerro Paine Grande)」、「サルト・グランデ(パイネ大滝/Salto Grande)」、「グレイ湖(Lago Grey)」、「アマルガ湖(Laguna Amarga)」、「ミロドンの洞窟(Cueva del Milodon)」などがあります。
・トーレス・デル・パイネ(Torres del Paine)
パイネ国立公園を代表する3本の岩峰。南から、デ・アゴスティーニ峰(2,850m)、セントラル峰(2,800m)、モンチィーノ峰(2,700m)。1200万年前に隆起してできた岩山で長い年月をかけ氷河などに削られ今の形になった。
・アマルガ湖(Laguna Amarga)
国立公園の外にあるが、立ち寄ることが多いポイント。鉄分と塩分を多く含むこの湖にはフラミンゴが生息しており、湖の向こうに「トーレス・デル・パイネ」を望むことができるヴューポイント。
・パイネ・グランデ山(Cerro Paine Grande)
パイネ国立公園の最高峰。高さは3,050mあり万年雪に覆われています。南からみて、パイネ・グランデの右に連なる岩山は「パイネの角」と呼ばれている。登山をするには強風や、変化しやすい天候などの自然条件が厳しいため難易度は非常に高い。
・サルト・グランデ(Salto Grande)
ノルデンフェールド湖からペオエ湖へと流れる滝。落差はないですが、水量があるので迫力はあります。晴れた日には虹が出ることもあります。

衛星写真を見る(町周辺)衛星写真を見る(パイネ国立公園) 衛星写真を見る(国境周辺)
トップへ戻る

■ブラジルの基本情報

■アルゼンチンってどんなとこ?

国土面積278万400ku、世界第8位の大きさがある南米の国。首都はブエノスアイレスで、人口の95%以上がヨーロッパ系移民で形成されています。国名のARGENTINAはラテン語のアルヘントゥム(銀)に由来します。国土が南北に長く広いので温帯、亜熱帯、寒帯までもが存在し様々な自然に触れる事ができる。500年前の征服者たちによって持ち込まれた文化が元々あったアルゼンチンの文化を侵食してしまったので西洋風な独自の文化が根をおろしました。

■アルゼンチンの気候は?

南北3,800kmにも渡る国土を持つため気候は大きく4つに分けられます。日本とは四季が逆に訪れます。
・北西部(サルタ、フフイなど):乾燥気候。12月の終わりころから雨季がやってきます。その他の時期は雨が降らず晴天が続きます。
・北東部(イグアスなど):高温湿潤気候。基本的に1年中暖かく降水量もあります。季節は夏が雨季、冬が乾季になります。
・中央部(ブエノスアイレス、コルドバなど):温暖湿潤気候。夏は30℃を越す日もありますが、湿度が日本に比べて低いので日本の夏より過ごしやすいです。中でも北西に位置するコルドバは降水量も少なく比較的年間を通して気温が低いので避暑地になっています。
・南部(パタゴニア):寒帯気候で風が強い。南緯40度以南のパタゴニア州は。氷河も見られるこの地方は年間平均で気温が7℃と低く南へ行くほど寒さが厳しくなります。曇りの日が比較的多いです。

■アルゼンチンの通貨は?

通貨はアルゼンチン・ペソ。日本円の両替ができるところは少ないので、日本からは米ドルの現金またはT/Cを持って行き、現地通貨に両替をして使用します。

■アルゼンチンでの服装は?

北東部:イグアスでは、冬場でも30℃近くあがることがあるので、夏服で結構です。
中央部:ブエノスアイレスでは、冬以外の場合厚手の上着は要りません。
南部:パタゴニア地方は年間を通して風が強く、非常に寒いのでウィンドブレーカーなどの防寒対策を忘れずに。

■アルゼンチンの習慣&マナーなど注意することは?

水は水道が整備されているため飲むことは可能ですが、ミネラルウォーターをお勧めします。公共の場、映画館、劇場などは禁煙です。防犯のためあまり目立つ服装は避けましょう。


■チリの基本情報

■チリってどんなとこ?

南米大陸にある太平洋にとアンデス山脈に挟まれた細長い国。国土の約80%は山岳地帯で約50近くの活火山があります。南北の長さは4329km、首都はサンチャゴで、アルゼンチン、ボリビア、ペルーと国境を接しています。チリ本土から3700km離れた太平洋上にはモアイ像で有名なイースター島があります。赤道から南極にかけて長い国だけに気候もばらばらでひとつの国とは思えないほど。他の南米の国同様にヨーロッパに支配されてきた歴史を持っています。1818年にスペインから独立し、1879年にペルー、ボリビアとの戦いの後は他国と戦争はしていません。現在の国内は比較的に安定しています。ラピスラズリはアフガニスタンとチリでしか取れない鉱石でお土産として人気です。

■チリの通貨は?

通貨はアルゼンチン・ペソ。日本円の両替ができるところは少ないので、日本からは米ドルの現金またはT/Cを持って行き、現地通貨に両替をして使用します。

■チリの気候は?

南北約4329kmに細長く延びるチリの国土。南北で気候は全く異なり、南部は1年中氷に覆われたパタゴニア。逆に北部にはからからに渇いた砂漠があります。はっきりした季節があるサンチャゴは地中海性気候で夏は20℃から30℃近くまで上がります。砂漠がある北部は夏の間日中35℃ほどまで上がる日もありますが、夜は0℃近くまで下がります。南部のパタゴニア地方は11〜3月以外は大体強風が吹いています。冬には氷点下の日が続くこともあります。

■チリでの服装は?

南部(パタゴニア地方)では、年間を通して冬服になります。逆に北のアタカマ周辺は、年間を通して日差しが強く暑いです。しかし、肌を出さずに長袖のシャツなどを着ましょう。直射日光が防げ日焼け防止にもなります。サングラスも必需品です。また、朝夜は冷えるのでパーカーがあると良いでしょう。サンチャゴ周辺も昼間は暖かくなりますが朝夜は冷えるので着まわしが聞く服だと便利です。

■チリの習慣・マナーは?

トイレ事情が日本とは異なりほとんどの場合が便器に紙を流してはいけません。このような場合は大体横にゴミ箱が備え付けられているのでそちらに捨ててください。 交通ルールも南米のなかでは守る方ですが、横断する場合などは十分に気をつけて下さい。水道水はそのまま飲めますがミネラルウォーターを買って飲むことをお勧めします。売られている水には炭酸入りと普通のミネラルウォーターがあります。

トップへ戻る

アルゼンチン共和国
Republica Argentina

アルゼンチンの国旗
政体:立憲共和制
言語:スペイン語
住民:欧州系(スペイン、イタリア)97%、インディヘナ系3%
宗教:カトリック
面積:278万平方キロメートル
人口:3,910万人
通貨:ペソ(Peso)

チリ共和国
Republica de Chile

アルゼンチンの国旗
政体:立憲共和制
言語:スペイン語
住民:スペイン系75%、その他の欧州系20%、先住民系5%
宗教:カトリック(全人口の88%)
面積:756,000平方キロメートル
人口:1,645万人
通貨:ペソ(Peso)
採用情報